読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮に原発を辞めるなら教えてほしい。どうやって、パリ協定などの温暖化対策の国際的な枠組みを守りながら、産業に必要な電力の安定供給をやるのかな?

フランスのように原子力を上手く使わなければならない。火力は大気汚染と二酸化炭素を発生する上に気候に大きな影響を与えたり海の酸性化リスクがあるしな。

電気事業者法により、電気事業者は赤字経営が出来ないために原発という一つの発電手段が止まると他の方法で発電しても値段があがる。原子力発電はオイルショックの経験により導入された。

先進国の産業の9割以上は電気の安定供給が必要な分野が多い。なるべく原子力発電所増設や再稼働しないと我が国から企業が逃げる。

まったくリスクの無い発電方法も無い。化石燃料も有限だ。だったらリスク管理しながら効力の良い原子力を使うしか無い。そして今ある発電所も近代化改修も必要だしな。

一時期、我が国で原発が今以上止まったときに乗り越えられたのは各企業が採算度外視で対応してくれたが、再度負担を迫るわけに行かない。

チェルノブイリから20年の間に関連して死亡したと思わる人数はIAEAが200人、WHOが450人、一部学者は800人としてる。だが、この人数は交通事故で毎年死亡してる人数より少ない。