読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【神奈川】知人男性の遺体を薬品で溶かす 死体損壊容疑で暴力団関係者ら2人逮捕

薬品で遺体溶かした疑い

暴力団関係者ら2人逮捕

知人の男性の遺体を薬品で溶かしたなどとして、神奈川県警は1日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、無職松尾亮介容疑者(41)と千葉県市原市島野、会社員中里浩容疑者(52)の2人を逮捕した。

捜査関係者によると、松尾容疑者は暴力団関係者で、黙秘している。

さらにもう1人の男を任意で事情聴取し、事件への関与を調べている。

県警は秦野署に捜査本部を設置し、全容解明を進める。

 

捜査関係者によると、松尾容疑者は別の事件で有罪判決を受け服役している。

県警は男性が死亡した経緯についても慎重に調べる。

覚醒剤巡りトラブルか、劇物で遺体溶解

神奈川

神奈川県警は1日、知人男性の遺体を切断し、強アルカリ性劇物のカセイソーダで溶かして遺棄したとして、暴力団関係者で住所不詳、無職松尾亮介受刑者(41)と千葉県市原市、会社員中里浩容疑者(52)を死体遺棄・損壊容疑で逮捕した。

 

発表によると、2人は2015年5月、神奈川県秦野市内で、知人の同市、岩本一正さん(当時47歳)の遺体を切断して溶かし、遺棄した疑い。

 

詐欺罪で服役していた松尾受刑者が昨年、県警に

死体遺棄事件で自首したいので来てほしい」

と手紙を送ったことで事件が発覚した。

捜査関係者によると、松尾受刑者は、岩本さんを殴って死亡させた後、チェーンソーで切断した遺体をカセイソーダに数日間漬けて溶かしたと話したという。

秦野市内の建設会社にある浄化槽などから、説明通り岩本さんの溶けて小さくなった骨や肉片など約300個が見つかった。

 

捜査関係者によると、松尾受刑者は逮捕前、

「(被害者と)覚醒剤を巡ってトラブルになった」

などと説明。

中里容疑者以外にも

「関与した男がいる」

と話した。