読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八方ふさがり

ドラッグストアで買い物をしていた。

レジで精算をしていると、隣のレジでは小さい子をつれたお母さんが精算していた。

隣のレジのおばちゃんが小さい子に向かって、

ぼく〜、ちょっとそれ見せてくれるかな?

と子どもが手に持ったお菓子のバーコードを通そうとしていた。

その子は素直ににこにこしながらハイって感じでお菓子を渡し、テープを貼ってもらったものをまた大事に抱えた。

でその時に気がついたんだが、あれ、この子女の子だ。

スカート履いてるし靴にリボンついてるわ。

レジのおばちゃんがぼくーって声かけたのと、顔立ちが女の子みたいなかわいい顔した男の子みたいな顔だったので普通に男の子だと思ったわ。

おばちゃんの位置からだと上の服しか見えないものね、そりゃ間違えるわな。

でもこの子もぼくーって呼びかけられたときにものすごくナチュラルに対応してたな。

いつも間違われているのかな?

で、ふと思ったんだが、このおばちゃん、相手が男の子ではなく女の子だと思ってたらなんと声をかけたのだろうか。

おじょうさんやおじょうちゃんなんて今どき言うのかね?

でも他に適当な言葉がないか。

シチュエーションによっちゃあわたしも使えなくもないだろうが、今回の場合はちょっと不自然になっちゃうよね。

もし私が店員の立場だったらどうするかな?

単純にそれ見せてくれるかな?だけか。

そうだな。

まあ私がそんなこと気にする必要なんてないんだが。

もう最近小さな子どもが怖いんだよ。

なんかあったらこっちが悪者になるでしょ?

挨拶すら事案になる世の中でしょ?

かといって黙ってりゃそれでも不審者でしょ?

自分の身を守るためにも近寄らないのが一番だわ。

でもそれはそれでまたなんか言われるんだろ?

どうすりゃいいんよ。

あー、こわいこわい。