読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剣道の稽古をしていない(3)

剣道は「捨てて打つ」、「捨てて当てる」とは言いません。打ちには、叩く、当てる、打つ、打ち切る、切るとありますが、何処のところで稽古をしているかです。全国審査では、そこを見ているとも言われますので、捨てて打つ稽古をして準備しないとならない、打つ、打たれる、のところで稽古をやっている間は剣道とは言えない。と言います。

まして叩く、当てる、のレベルでは話になりません。しかし、「捨てて打て」のところでの稽古を躊躇している人も少なくない。それは打たれる危険も伴うからではないでしょうか、

どうしても打たれまいと意識してしまいます。

そうなると、打突の機会を躊躇してしまい好機を逃す結果になっている。審査では、構えが素晴らしく、攻めもあり、打ち間に入り、審査員がどう打つのかと楽しみに見ていると。もう1歩入ってしまい深くなり過ぎる人が多いそうです。

審査員はガッカリし、「もう少し稽古を積んでください」と言う結果になるそうです。

打たれる怖さは誰にでもあると思いますが、その怖さがあると動きに精彩がなくなり、頭で考えてひるんだ隙を相手に打たれてしまいます。「捨てて打つ」とは、自分に執着しないようにすることです。だから、稽古では胎を決めて打ち抜く稽古をすべきなのです。

でも見ていると多くの方が、勝負稽古をしていて当てて満足する稽古をしているようです。剣道の稽古をしていないと言う意味は、ここにあり、稽古では、相手の中心を攻め、その中に相手の心が動くところが見極める。

そのところにきたら、一拍子で、捨て切って打つ、それこそが剣道になる。打たれまいとして、相手の剣を除けたり、姿勢を崩して逃げて打たれずに打とう、等と、醜いことをやっていてはならない。ここぞと見たら、思い切り一拍子で打って出る。それで返されたら反省、それをせずにいるから進歩しない。(O和政範士談)

剣道の目的は「人間形成」、何処のところで稽古をしているか、この「捨てて打つ」こそが、「普段の生活が剣道につながり、剣道は普段の生活につながる」と言うように、捨てて打つと言う意味を追求して行く剣道をしていれば、そのまま生活にも生かせると言うこと。

自分の身に執着せず、捨てることができれば、冷静な判断力が備わり、失敗しても最小限に抑えられ、次の手を瞬時に考え答えを出すことができ、好機においては最大限に捉えることができる。

当てた、勝った、の域で稽古していては、答えは出てこないでしょう。剣道は、強さを求める格闘技ではありません。私の右腕に腫れ上がるようなアザを作り、稽古後に出も「すまない」と一言、詫びも入れられない人は、相手を敬う、一期一会で稽古をしているとは言えません。

この方も、ただのスポーツ、いや、意識の中では、当てて勝ちたいレベルなのかも知れません。決して、打たれアザができたことに腹立たしいのではなく、六段を取っていながら、剣道の稽古をしていないことに、寧ろ気の毒に思えてなりません。

タイトルにおいて解り易い一例で紹介しましたが、やはり、スポーツではなく剣道をやらないと、その為には「捨てて打つ」で稽古し、そして、攻め方、崩し方を覚えると、剣道の幅が出来、いろんな技が見えて来ます。

しかし、その打つためのプロセスには、技よりも胎を決めて打つことの大切さ、私もそこまでには辿り着いていませんが、きっと、その手前にいるのかも知れません.O範士をはじめ、多くの先生方の難解な言葉の意味が解り始めています。