読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変じはするな

今日のジョークです。

高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレ行きたくなったのでサービスエリアに立ち寄りました。

手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。

便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から「やあ、元気?」と声がしたのです。

男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。

どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに「まあまあだよ」と答えました。

すると隣人は「そうか……それで、今何してるの?」と言うのです。

妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。

「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」

やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。

「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」

……( ・∇・)

おはようございます。4月11日月曜日の朝です。

只今の大分市内の気温は14℃、日中は15℃くらいになるようです。

お天気は雨、rain rain hard rain,s gonna fall 、気温に朝から差はありません。

だけど一日中雨です。

今日の言葉です。

「自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。」

土光敏夫(経団連名誉会長)

今の世の中、 国の借金は増えて、労働問題や年金問題などの課題も山積み。

そんな時に登場を求められるのは、経団連名誉会長の土光敏夫のような人物だと思います。

そんな土光敏夫は、中学受験に三度も失敗しますが、東京高等工業学校機械科を卒業後は、東京石川島造船所に就職して、タービンの設計に打ち込みます。

その後は石川島播磨重工業東芝の社長を努め、経営の立て直しに成功しただけではなく、その腕を買われて、経団連・臨時行政調査会会長を歴任。

日本全体の財政再建行政改革に命を捧げます。

しかし、自分の生活は清廉潔白、食事もメザシを愛し、質素な生活を送ったことでも知られます。

様々な改革を実行しては「ミスター合理化」とも呼ばれた土光敏夫

「他の人から、貰い火するようでは情けない。」と言い、この言葉を続けました。

さてさて皆さんごきげんよう

今日も皆さんにとって、より良い1日となりますように。

……God bless you

でわ、GoodLuck & GoodDay!