読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女優・堀北真希引退の記事

引退発表・堀北真希の14年 ブレイクと結婚と

芸能界に女優は沢山いるが、夫にとっての妻、子にとっての母は一人しかいない。

たったひとつのポジションを堪能する、それは人生の醍醐味。

CM、ドラマ、映画、舞台、ひととおり経験はしているので、のちに仮に復帰するとしても足掛かりに問題はない。

輝くとは、自分が求められているところで調整をつけること。

この力があれば、居座ったり、他者をおしのけたりせずとも席が回ってくる。

その美貌ゆえ愛されることに不自由はないだろうが、堀北真希から感じられる落ち着きは、感情の発露が乏しく老成とも言える。

優先順位を判っている人間の肝の座りかた、簡単に言えば合理的な生き方が、今回多くのファンをがっかりさせたわけだが、子からの求愛以上の重みはない。

このまま、私生活をつまびらかにせず、一生復帰しなければ、平成の原節子になれるかもしれない。