読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ラウンド・マストシステム」と「アンカリング」

ほらね、オイラが試合直後からE続けている、「ラウンド・マストシステム」と「アンカリング」について書かれているでしょ。フツーに考えりゃわかること。

村田諒太の悲劇で世界的“ボクシング界の目利き”たちも疑問視する「不可解判定」の舞台裏

新月のリーディング2017/5/26

お世話になります、琥珀です

今月もまた、新月のリーディングを行わせていただきます(о´∀`о)

ゆっくりしたペースのお届けで大丈夫な方にお勧め致します

5月26日。早朝に、双子座の新月を迎えました

春と夏の空を駆け抜ける風のように、俊敏で多才、探究心の強い双子座の方々。

肉体を得て歩けるようになった子どもが、好奇心に任せ、あちこちに歩き出す。。そんな好奇心に満ちた、フットワークの軽い様子を示す星座です。

社交的で話好きだったり、IQが平均以上だったりと、はつらつとした魅力があります。

また、多くのことに一度に興味を注ぐことが出来る方が多いです。

コミュニケーションと理解の惑星、

水星を守護星に持ち、風の元素を持つ星座である双子座の方々は、

しばしばコミュニケーションやメディアに関連した職に就くようです。

ゆったりとくつろいだ時間を持ちたい、

今の自分にぴったりの情報が欲しい、

気持ちを様々な事への好奇心で満たしたい、

フレッシュな気分を味わえる場所に行きたい、

インターネットやメディアを駆使出来るようになりたい、

いつまでも若々しくありたい。。

そんな願い事に適した月です

新月の願い事をする際など、ご参考までに(о´∀`о)

尚、調べていたら今朝の4:44分が新月時刻としてよく出てきたので、

どうしても8時間以内に書きたい!!という方はお早めにです(≧≦)

双子座を守護する大天使は、

大天使ラファエルです。

神は癒す、というその名前のとおり、

癒しの大天使、天使界随一のヒーラーです。

常に四大天使、七大天使の1人として挙げられ、天地創造を見守った大天使の1人とも言われます。

『トビト書』で、トビトの息子トビアスと一緒に旅をし、旅の途中ずっと守り続け、また盲目であったトビトの視力を回復させました。

このエピソードからか、絵画の中の大天使ラファエルは、

サンダルを履いて、蛇が巻きついた使者の杖を持つ旅人のような姿で描かれることが多いです。

絵画の中でラファエルの右手人差し指が天の方を指して描かれるのは、

人生に迷う方々に希望と勇気を与える象徴だと言われます。

人や動物をその強力なパワーで癒す大天使ラファエルは、

あらゆる癒しのプロセスを助けてくれます。

また、人々の中に元々ある、ヒーラーとしての素質を目覚めさせたり、

人に奉仕する人や、癒しを行う人、愛をもたらす人のサポートもします。

春を司る大天使でもあるラファエルは、

『光を与える大天使』とも言われ、人々が人生の道をはっきり見出せるよう、

人生のたいまつのような役割もしてくれます。

問題点やその原因を光で示しつつ、

物事の全体像を見れる様に、

そして、それを乗り越えられるようにサポートしてくれます。

是非、双子座のサイクルを楽しんでくださいませ( ´ ` )

さて、今回は、大天使ラファエルのカードでのリーディングです(*^^*)

皆様のタイミングに合ったメッセージをお届け出来ればと願っております

募集期間:5/26〜5/30・無料

参加方法:ご希望のリーディングをどちらか選び、こちらのコメント欄へ御記載ください☆

?双子座の月のサイクルへのメッセージ(次の新月は6/24なので、それまでの期間分)

?今のあなたへのメッセージ

いつも有難うございます

爽やかな風に似た月の光が、きらきらとした光の粉を皆様の夜空に降らせ、

それぞれの方に、ギフトを届けてくれますように

今月もよろしくお願い致します(o^^o)

琥珀

【馬】社台サンデー募集?補償廃止ダメージ

やらなくちゃいけないこと(仕事&POGチェック)はたくさんあるのですが、現実逃避

ダービー出走馬はいないので、今年の募集に逃げます…

http://blog.livedoor.jp/pom2-pom2/archives/15887586.html

うまくいかないよね・・・・

知り合いを課長代理で入れようとしたら物言いがついた。

『34才だからなぁ〜〜

係長だね〜〜』

ポジティブに考えれば、

彼の負担を考えたら、

責任の負担の少ない状況から始めた方が良いのかもしれない。

別件で、

顧問からも

お前は焦りすぎだ

とご指摘をいただいた・・・・

自分でもそれはわかる・・・・・

早く抜け出したい・・・・・

その思いは人一倍あるのかもしれない。

でも、

あって当然だと思う。

スマホ普及で売れないコンデジ このまま消滅してしまうのか

コンデジっていうのか?

言ったことないなあ。

------------------------------------------------------------------

 コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)やデジタル一眼レフ、新型ミラーレス機などカメラ製品全般の販売不振が世界中で止まらない。

 市場調査会社・富士キメラ総研が5月23日に発表した「エレクトロニクス製品の世界市場調査」によると、2016年のコンデジ世界市場は前年比39.1%減の1400万台(うち日本は200万台)、デジタル一眼も1145万台(うち日本は130万台)と低迷した。

 特にコンデジ市場は日系メーカーの製品が72%を占める“日の丸家電”の代表格だったゆえに、カメラ業界が受ける打撃も大きい。

 ニコンは2017年3月期決算で7年ぶりの赤字に転落。希望退職などリストラに追われている。リコーやカシオ計算機もデジカメ不振が響き、減益に苦しむ。また、その余波は販売店にまで及び、カメラのキタムラはデジカメ不振が要因となって大量閉店を余儀なくされている。

 ここまでカメラが売れなくなった理由は、ただひとつ。スマートフォンの台頭で市場を奪われたからだ。富士キメラ総研・第1研究開発部門の調査員、宇仁菅繁行氏がいう。

「近年、スマホに搭載されるカメラの高画素や、小さいF値のレンズ採用、手ぶれ補正機能など高機能化が進んできたために、コンデジやエントリーモデルの一眼レフ、ミラーレスとの差別化が難しくなっています。

 もちろん、デジカメでもスマホとの違いが明確に分かる付加価値をつけ、かつ低価格で勝負する商品もありますが、『常に持ち歩くスマホカメラで十分』と、スマホへの需要シフトは進む一方です」

 確かに、身近なイベントや旅行でデジカメを構えるよりも、スマホタブレットでシャッターを切る人の光景を目にする機会は増えた。「スマホで撮ればすぐにSNSなどで共有できるから便利」(20代女性)との理由も大きい。

 さらに、写真撮影が大事な任務である報道現場でも“スマホ撮”が目立つようになった。もともと専属カメラマンをつけずに記者が撮影も兼ねる取材スタイルを取るケースはあるが、「下手にコンデジを使うよりもスマホのほうがキレイに撮れる」と、カメラを持ち歩かない記者が増えている。

「ある大手企業の社長会見で、あまりにもスマホタブレットで撮影している記者が多かったために、社長が少しムッとしていた」(経済誌記者)という話も出るほどだ。

 いずれにせよ、このままカメラ市場は萎み続けてしまうのか──。

 冒頭の富士キメラ総研は、2022年にコンデジ、一眼カメラともに1000万台の世界市場を下回り、それぞれ950万台(うち日本は153万台)、806万台(うち日本は100万台)まで落ち込むと予測している。

「一般消費者向けのカメラ市場が今後どうなっていくかは、10年ほどの間に決まると言われています。まだデジカメ需要が期待できる新興国でもスマホ普及のスピードのほうが速いので、世界的な販売台数が厳しいことに変わりはありません。

 ただ、コンデジや一眼レフはスマホと競合するエントリーモデルから、ハイエンドユーザー層をターゲットにした高級製品に絞られていくとすれば、市場もどこかで下げ止まると思います」(前出・宇仁菅調査員)

 ここ数年、スマホに装着する専用カメラレンズもラインアップを増やしているが、「単体カメラはマニア向け」という時代がすぐそこまで迫っている。

http://www.news-postseven.com/archives/20170524_558402.html

スマホ普及で売れないコンデジ このまま消滅してしまうのか

東京都児童相談センターを視察( H29.5.24)

東京都の中央児童相談所としての機能も持っている児童相談センターを訪問し、施設を見学を行い、意見交換を行いました。児童相談センターは中央機能を持ちながら、練馬、渋谷、文京、台東、豊島、新宿、中央、港、千代田、島しょ地域を管轄しておりかなりの広範囲をカバーする児童相談所です。電話相も通年で365日24時間の対応を行っています。また、各一時保護所で不調となった児童を受け入れるなど、最後の砦としてもその存在感の大きさを感じました。さらには、「学校へ行けない」「他の人とうまく付き合えない」などに悩む子供たちが、家庭や学校から離れて、様々な人との出会いの中で、自分を表現したり仲間と協調する力を養う治療指導事業を行う「親子のサポートステーション・ぱお」も併設されており、児童相談所とも連携が図られながら、非常に手厚い支援がなされております。ここまで徹底して支援の充実が図られているのかと驚きでした。現在、都の児童相談所と区の子ども家庭支援センターは東京ルールに基づき、地域の児童虐待対応の窓口として、それぞれの特性を活かしながら、協働・連携しています。都の児童相談所は、一時保護や立入調

査、施設入所措置など法的権限により対応し、区の子ども家庭支援センターは地域の子育て支援サービスを活用しながら支援に当たっています。ただ板橋区だけでは対応できない部分を、都にかなりカバーしてもらっていることも気づかされました。例えば、板橋区の子ども家庭支援センターでは電話相談を行っていますが、土日や夜間は行ていません。この時間帯は都の児童相談センターの電話相談が対応することになっており、大きく助けてもらっています。「区の子ども家庭支援センターの延長線上に区が設置する児童相談所があるのではないか。」と児童相談センターの方の言葉。まさに本質を突いています。区の本気の覚悟が問われていることは間違いありません。人材育成だけを見ても本気の取り組みが求められます。現場の職員が一人前になるのに3年はかかるとも言われており、区からは都に派遣され実地のトレーニングを積んでいるところです。ただ都の受け入れ枠も35人だけであり、練馬を除く22区からも派遣されていることを考えると、人材育成が間に合うと感じます。一つひとつ課題を潰していく工程を求めていきます。

(*^▽^)/★*☆♪

お相手の方は知らないけど、藤原紀香よりマシじゃ?(笑)

今度は幸せになってね

陣内智則とフジ松村未央アナ結婚へ来月30日婚姻届